リアルためのウソ

2次元のキャラを3次元で再現するフィギュア。
芸術の域にまで達してしまいそうなくらい、素晴らしい作品が登場してます。
そんなフィギュアをよりリアルにするためのテクニックとして、現実とは違った表現を加えることで逆によりリアルに見えるそうです。

「現実にはないモールド(しわ)を入れ、現実よりもリアルに見せる造形テクニック」
(原型師・安藤賢司インタビュー記事より)
”現実には、こんなにシワの寄るストッキングなんてないですし、そのような穿き方もありません。
ようするに、シワは嘘のモールドなのですが、これがないと逆に不自然になります。
このように、あえて、現実には存在しないモールドを入れることで、よりリアルに感じられる場合も立体造形ではあります。”
安藤賢司:バンダイ『S.I.C』シリーズなど、多数のハイエンドな玩具の原型を担当。

どんなシワがウソなのか、あらためてフィギュアを見直してみるのも面白い。

美少女 フィギュア の商品

美少女戦士セーラームー...美少女戦士セーラームー...【セット6602】キャラク...ミス・マーベル(カマラ...
  • アマゾンで商品をみる
  • 楽天で商品をみる

美少女 フィギュアに関するつぶやき

  • @gar_ba_ge 美少女フィギュアのパンツ確認は基本中の基本😒💢💢 わざわざ艦これコーナーに置いてあるフィギュアのとこにいって確認する方もちょっと...(‥ºั⌔ºั‥ )
  • 【新作フィギュア】「ロウきゅーぶ!SS 袴田 ひなた ~うさぎさんVer.~」が入荷!フィギュアになっても、「無垢なる魔性 (イノセント・チャーム)」という魔法でブスを美少女に見せる手法は健在!まったく本当の顔は悲惨です!! https://t.co/R8AhDi5jXj
  • RT @ohumipiko: #モデラー進化論 左の子が初めての美少女フィギュア。右のレディは最新。 http://t.co/RMxzHNHoyb
  • この世のお金はのほとんどは一見、生きていく上では価値の無いもので動いている。美少女フィギュア、音楽、装飾品、全て生きていくだけなら必要がない。しかし、そこにお金を使う人がいてビジネスになる。何に価値を感じるかは自由である。
  • この世のお金はのほとんどは一見、生きていく上では価値の無いもので動いている。美少女フィギュア、音楽、装飾品、全て生きていくだけなら必要がない。しかし、そこにお金を使う人がいてビジネスになる。何に価値を感じるかは自由である。

関連記事

東京セブン
Tokyo-7